かもめーず

広島・契島に行ってみたい!桟橋から先は渡れない島

2017.10.20

契島(ちぎりじま)

2017年10月20日。
長崎県の萌えスポット・軍艦島のことは、
もう語るまでもなくみなさんご存じですよね?(強引)
あの廃墟感、ゴツゴツした見た目がたまらないです!
※詳しくは長崎市公式観光サイトをご覧ください。

さて今回お伝えしたいのは、この全国的に有名で人気の軍艦島・・・のような、
萌え感むんむんな島が広島の沖合にもあるんです!ということ。


契島(広島)

それが契島。
周囲約1.6km、面積約0.09平方㎞の小さな島で、
面積 0.063平方kmの軍艦島と比べると少し大きいですね。
広島の軍艦島たるゆえんは、GoogleMAPで上から見ると、
なるほどと納得してもらえるかもしれません。


GoogleMap


海岸や木々といったものがまるで見えない、機械的な様相。
どんな島なのか、とっても気になります!


上陸したいけど・・・


さっそく、どんな島なのか探検してみよう!・・・と、いつもなら行く所なのですが、
こちらは東邦亜鉛株式会社が所有している、全部が私有地の島!
つまり、勝手な上陸はできない場所、なのです~!


上陸はできませんが、かろうじて島を間近で見る方法があります。
それが、大崎上島の白水港から出ている船に乗ること!
途中、生野島を経由して、契島の港まで行くことができます。


白水港待合所

白水港桟橋

大崎上島町営フェリーさざなみ


船から契島を見る!


船に乗ること約35分。
関係者以外は上陸不可な契島の全貌が見えてきました。
間近で見ると、コンクリート塀に囲まれ、鉄塔が立つ様子に圧倒されます。


船から契島を見る

萌えな感じ


着眼しても、ただただ桟橋を眺めるだけ、そこから先へは進めません!
すぐ目の前なのに渡れないのは、なんとも歯がゆいですね~。
しかし、近くまで来れただけでも良しとします!


渡れない桟橋


ちなみに、島を所有している東邦亜鉛株式会社は鉛の生産量日本一の会社。
そのほとんどが契島の精錬所で作られているという事ですから、
小さな島だけど、暮らしに欠かせない大きな仕事をしているんですね!


完全に世間から閉じられた島というわけでもなく、
大崎上島の小学生が社会見学に訪れたりすることもあるそうなので、
アンテナを張っていればいつか見学する機会が訪れるかも?


アクセス


大崎汽船 竹原港~白水港(所要時間:約30分 /料金:360円)
山陽商船 竹原港~白水港(所要時間:約30分 /料金:360円)
大崎上島町営フェリーさざなみ
 白水~契島(所要時間:約35分 /料金:290円)、1日6便

東邦亜鉛株式会社


契島(広島)

written by なっちゃん