かもめーず

愛媛県・伯方島に行ってみた!後編 路地探訪がたのしいぞ!

2018.09.06


伯方島(はかたじま)

伯方島は、尾道市と今治市のちょうど真ん中に位置する
芸予諸島の一つです。
しまなみ海道では大島と大三島の間にはさまれています。


「愛媛県・伯方島にいってみた!(前篇)造船と海運の工業都市?」からの続き



ひきつづき島ドライブ~♪

尾浦港の近くには伯方高校があります。



島に高校があるのはいいですね、

とはいえ、進学を目指す学生は、
下宿して今治の高校に通うケースも多いそうです。

※2019年、伯方高校は今治西高校伯方分校となりました。



島をめぐると、いろんなお店が充実~♪


思わず引き寄せられた
おしゃれ喫茶店「玉屋」




観光客(わたしもそう!)もいますが、
地元のお客様も利用されている感じ。


先ほどの「BORSA」も、
幅広くいろんな年代の人が利用されている感じだったし、



懐かしい感じの本屋さんも、
未だに現役みたいだし、



カラオケやさんもやってるし、



ローカル感満載のお薬やさん♡



ガスは広島からきてるんですね。



「花嫁婚礼家具」って言葉に目を引かれました!


暮らしのにおいがプンプン!
これは歩いたほうが楽しいですね---♡


町を散策~♪


旧庁舎。


伯方島は平成17年に今治市に合併。
旧庁舎があった木浦地区を歩いてみます。



まず、大きなスーパーマーケット!



お店も広くて商品も充実!!
産直コーナーまであります!



路地の感じも楽しい!



家具屋さんかと思うと、



古道具屋さん!!?


メダカも売ってるんだって!!謎!(笑)



雑貨屋さんや





お肉屋さんもいい感じ!


美味しいお肉売ってそう!



良い佇まいと路地





こちらのお店では、ライブなんかもやっているそう♪
すごいなーー!文化的!!
伯方島ライフ、楽しそう!!!


ブレーメン




あ、伯方の塩ラーメン!



そうそう、
「伯方の塩」の伯方島。



かつては塩田の島として知られていた伯方島。

1971年、塩田による製塩が禁止されたとき、
自然塩が食卓から消えることに危機感を覚えた人たちの
消費者活動から、生まれた「伯方の塩」

伯方島は、今も昔も「塩の島」でもあるのです!


素敵な佇まい!


それでなのかどうだかわかりませんが、
伯方島で唯一のゲストハウスが
「ソルトハウス」
もともと歯科医院だった建物をリノベーションした
素敵な佇まいです。



ゆっくり泊って、
伯方島の暮らしを体験できたら面白そう♪(^∋^)




昔塩田をしていたところは、今は車エビの養殖なんかもしてるそうですよ。


サイクリングも楽しそう~♪



島をぐるっと周ると、大三島大橋や、
遠くに多々羅大橋もきれいに見えるところがあります。


大三島大橋

多々羅大橋


伯方島からは三つの橋が見れちゃうんですね---(^^)

本土から離れていて、海と島しか見えないので、
撮影には最適です!

大三島のような観光施設は少ないですが、
海も山も自然豊かで、サイクリングには向いている気がします♪



そして偶然に、新しい船の進水式に遭遇!!!

日常にこんな素敵なサプライズ!
未来に幸あれ♡って応援されているような気がします!

日常の風景が非日常体験。
この島の暮らしをゆっくりと味わいにまた来たいな~♪



アクセス


●しまなみ海道 伯方IC 降車

●バス 多数あり

 せとうちバス
 瀬戸内海交通
 おのみちバス
 鞆鉄道
 瀬戸内しまなみリーディング
 中国バス
 
   など

●船 芸予汽船にて
  今治~大島・友浦~伯方島・木浦~岩城~佐島~弓削~生名~因島・土生
  1日8便 時刻表・料金表     
    


written by おかちゃん