かもめーず

広島・走島に行ってみた!祭りの前日に島の問題を考える!

2017.10.27

走島(はしりじま)


石島(岡山)

「仙酔島」から「鞆の浦」へ戻ったその足で、
今度は同じ港から「走島」へ向かいます!
島から島へ・・・なんだか浮気している気分です!

走島への切符は走島汽船切符売場で購入します。


走島汽船切符売場

年季の入った見た目がなかなか渋いですね~。

切符購入は券売機スタイル。
ベンチも置いてくれているので、船が来るまでゆっくりできますね。
走島の観光案内も貼ってあって、島へ渡る前の心の準備もばっちり!


券売機/料金表

朝6:05の鞆発から、夕方18:35の走島発まで、往復5便。
どちらから通うにしても良い塩梅の時間ですね。
遊びにも行きやすそうです~。


時刻表


走島汽船切符売場の中


走島ガイドマップ

「伝説の海底遺跡」という新聞記事も気になりました!
真偽のほどはその後どうだったのでしょうか~。


新聞記事

鞆港から走島汽船で25分

船に乗る瞬間はいつも高まりますね~♪
「神勢丸」とは、なんとも勇ましい名前。
今回はゴミ収集車や色々な物資と共に運ばれます!


神勢丸


ゴミ収集車も船で渡ります

走島の面積は2.09㎢。
人口は約550人、そのうち65%が高齢者。
数字だけ聞くとなんだか静かな島を想像するのですが・・・
船の中はなんだか賑やか!島には何かあるのでしょうか?

走島に到着!


人も物もぞろぞろと降りていきます。


まずはどうやって島を巡ろうかな~と、
港周辺をうろうろしてみます。


走島汽船待合所


走島のマップ

すると、こんな張り紙を発見!


八幡神社例祭のお知らせ

どうやら明日「例祭(大祭)」があるようです!
船が賑わっていたのもその影響かもしれないですね!

さらに歩いていると旗がひらめく神社も見つけました。
明日はここにもたくさんの人が集まるのかな~。
(明日来たらよかった・・・)


村上神社

「ゴミの島」と言われて

さらに島を散策。
途中、元漁師のおじさんにお話を伺うことができました!
走島の産業はいりこ・ちりめんじゃこ等の漁業が中心。
買い物や病院は本土の福山市へ行くことが多いそうです。


港に泊まる船

さらにお話を伺っていると、
以前、島に訪れた人がネットに「ゴミの島」と書いたことで、
悲しい気持ちになったということでした。


簡単には片付けられない大きなゴミ

確かに、島を歩くと道路脇に粗大ごみや廃車が並ぶ様子が目につきます。
他の島と比べても、多いような気もします・・・。

人が減って、高齢化が進んだ今では、ゴミを島から出すのもひと苦労。
島の人が心から島を好きになれるように、ゴミ問題をクリアにしていくことも、
これから島と関わっていく上での課題かもしれないですね。


鞆港行きの最終便

秋が深まって、暗くなるのも早くなりました。
帰りの最終便に乗る頃にはあたりは真っ暗。

明日は島のお祭り。
おじさんの悲しい気持ちも、明るくなれば良いなと思います!

アクセス

●JR福山駅(南口)からバス
〇鞆鉄バス 鞆線「鞆港」行き
鞆港下車(所要時間:約30分/料金:大人120円)

●福山市営渡船場(鞆港)から定期船
〇神勢丸 鞆港~走島
(所要時間:25分/料金:570円)
鞆港~走島を1日5便運航

走島汽船HP


石島(岡山)
井島(香川)

written by なっちゃん