かもめーず

山口県・平群島に行ってみた!小学校再開!地域おこしが元気な島!

2019.11.14


平群島(へいぐんとう)

柳井市から南に20キロ、伊予灘に浮かぶ東西に細長い島。
歴史も古く、奈良時代まで遡って記述を見ることができます。
島内には寺社仏閣が多く、集落は平郡西と、平郡東に分かれています。


平郡西は、カーネーション栽培をしているそうです!へえええ!!
今回は平郡東へ行ってみました!

柳井港から出発~♪


柳井港

柳井港から、平郡島行きのフェリーに乗ります。
祝島行きと同じく、
柳井港ターミナルに入って左側の通路の一番奥で切符を購入します。
赤いゲートの桟橋から船に乗りまーす!


平群島行き~♪

柳井港から平群島までは、
平郡西まで、一時間、平郡東へはさらに40分かかります。
柳井から往復する便は一日一往復だけなので、島の滞在時間は3時間50分。。。


のんびりの船旅です。

思ったよりも大きな船!船内も立派です。
荒波を行くには、このくらいの安定感があると安心。。。


生き物図かん!

船の中に、島の小学生が作った生きもの図鑑。
なかなかの傑作です。


おおっ!!!

平群島に到着~♪

平群島に到着しました。
なんだか、新しくつくられた感じの立派な港です。
ヘリポートもある!


港にヘリポートがありました!

前に突き出たような独特の形のフェリーには
「へぐり」という名前が書かれています。
木曽義仲の子・平郡丸(へぐりまる)が戦いに敗れてこの地に逃れた、
という言い伝えが島の名前の起こりだということです。


へぐり

港のそばには大きな漁協の建物があり、漁港にはずらりと船が並んでいます。
海の色が深い~~!!!


漁業が盛んな感じがします。

港の待合室では小さなお子様連れの女性が、お仕事をされていました。
どこか、食事をするところはありませんか?
とたずねたところ、土日以外に営業している飲食店はないみたい。


小さな待合所は荷物引き受けなどでにぎやかな感じ

食料調達!


港を出たところに「芋焼酎」の販売所!
どうやら、島おこしで作ったサツマイモを焼酎にして、
島の特産品として売り出しているようです。


営業時間が一時間。。。

「浮き輪あり〼」という貼り紙に、
夏には海水浴のお客さんがたくさんくるのかな~、と思いました。


いい感じの看板だ!

とりあえず、港のお姉さんが教えてくれた商店を目指します。
平郡東は農協と羽根酒店の二つの商店があるようですが、
農協は曜日と時間が限定されているようなので注意!


羽根酒店は港からすぐ!
酒屋さんですが、食料品や生活用品を扱う何でも屋さんの感じです。
充実の品揃えですが、残念ながらお弁当なんかは売ってません。
とりあえずおやつとカップ麺をゲット!
あ、自販機見つかりますので、島歩きで飲み物は心配ないですよー。


じゃじゃーん!品揃え豊富!

島を歩く


ベンチ!

海沿いの道にはあっちこっちにベンチ。。。


あそこにも!


個性的ですなあ~。


足がついてる。。。

メチャクチャいい天気だし!のんびり座ってお茶でも♡
と、いきたい景色でしたが
よりによって、この日はメチャクチャ風が強くて寒いーーーーー!!!


屋根の上のブロック

屋根の上にブロックの重りが載せられていたり、


扉や窓をふさぐ板

戸や窓を板でカバーする風景、
これらは、台風などの強風から家を守るためのモノでしょうか?


石塀

石垣も多いし、
祝島や、女木島など、風が強い島との共通点を見る気持ち。。。


防波堤もやや高めな気がします。


集落の向こうには、山の上の巨大な立石「大嶽」が見えます。
(平群島の山は、比較的標高の高い。)
平郡三景にも数えられる、シンボリックな景色。

路地裏探索♡

路地へ避難(寒すぎる!)


井戸があります!

いい感じの街並み


ジグザグ

迷路のような路地感、楽しい!


石仏。。。


石仏って書いてます(^^)


お地蔵さんや、お宮もあります。
どこもきれいに清掃されています。


路地の中にも、ところどころに畑があります。
最近イノシシの被害がひどいらしく、
たいがいの畑は電柵で囲まれていました。


サツマイモがあふれてます

青年会館???


青年会館

と、その奥には、中学校跡がありました。


中学校の跡。。。

中学校は平成6年に廃校になり、いまは草原。。。
校庭の隅に、校歌の碑がありました。


校歌の歌碑がありました。

島の人口は、現在300人を切っていますが、
戦後は4000人もいたといいます。

かつては教室も満杯の状態で、自然に恵まれたこの島で
青春時代を過ごしていた若者たちでごった返していたんでしょうね。

島の教育事情


お寺の敷地内に保育園

お寺の敷地の中にかつて保育園があった建物が残っていました。

かつて平郡東の集落内に二つも保育園があったそうですが、
今は島に保育園、幼稚園はありません。
就学前の小さな子供は、島の人びとの温かい目に見守られながらすくすく育っているようです。


かわいい建物!

平郡東小学校は過疎化により2003年より休校していましたが、
2012年、横浜から移住した家族の娘さんお一人のために
平郡東小学校が再開を果たし、
小学校ができたことで、その後、Iターン、Uターンが増え、
現在、4人の児童が学んでいるそうです。


小学校と公民館(出張所)が併設されています。

耐震のため、新しく建てられた小学校は、
なんと役所の出張所、公民館と併設になってます!!
前の小学校の門柱が残っています。


中学校は柳井市に船で通学しているそうです。
高校からは下宿になるみたい。

農協を中心にして。。。

小学校の横には、農協の建物。
最近まで市役所の出張所が農協の建物内にあった形跡。
となりに小学校の体育館、
その奥には診療所。

このあたり、集落の中心地のようなです。


農協です!


農協の横のスペースでさつまいもがここで買えるよーー、と教えてもらいました。
(農協のお店は閉まっていた。。。)


軽トラの後ろに摘まれていたサツマイモ



農協の建物の中に役所の出張所!


体育館の奥に診療所

近くには元気なサツマイモ畑!


小学校の畑もサツマイモ♡

島に子供の姿があるのはやっぱりいいなあ。。。


海沿いの場所にデイサービスがありました。
こちらは平郡東・西、両地区からの利用が可能なようです。
送迎サービスも整っています。
デイサービスの横に、新しく診療所を建築中でした。
柳井市が運営をしているようです。


デイサービス

歳をとっても島で暮らせるように
行政サポートが充実しているのはありがたいですねえ。


山口県のガードレールはなぜ黄色なんだろう?

海沿いは、黄色いガードレール!
やっぱりここは山口県!!

魅力いっぱいの島!


タコつぼの山!


民宿があります!

ちなみに、平郡東には二軒の民宿がありました。
海水浴シーズンの夏だけでなく、
トレッキングガイドや、釣りなど、一年中楽しめそうな島ですよ。

島おこし活動もさかんなようです。
吉本芸人のぶるぼんさんが地域おこし協力隊として平群島に在籍していて、
日々の活動を発信しています。
→FB「平群島~物語が始まる島~


島の特産品や、観光を盛り上げようと、
日々奮闘されているのがわかります。


港の待合所に貼ってました!

帰りの船の待ち時間、
待合室でお湯を頂き、カップラーメンを頂きました。
強風で寒かったけど、島で会った人たちは暖かかった!


ありがたや。。。

帰りの船で、小学校の授業に来られていた音楽の先生がおられました。
島の小学校でも授業は充実させているんだな、と思いました。
そういえば、「パプリカ」が聞こえていたのは、音楽の授業だったのか!



あまりにも海も、空もきれい。
澄み切った青い路地。
これからどんな物語が生まれるのか、楽しみだな~。

※平郡東小学校は2020年3月に1人の卒業と、
3人の引っ越しにより再び休校となりました。
いつかまた、子供たちの声が島の学校に戻りますように。

アクセス

●柳井港より 平郡島行き
一日一往復 時刻表
所要時間 (平郡西 60分、平郡東 100分)
料金 ともに 片道1570円

平群島 来てみんさい!マップ


written by おかちゃん