かもめーず

愛媛県・生名島に行ってみた(後編)!いきいき粋な人生!

2018.11.28


生名島(いきなじま)

愛媛県・上島町の生名島。

上島町へのアクセス方法は何通りもあるので、
分かりやすくまとめられている上島町のHPこちらをご覧ください。


さあさあ、車で島ドライブです。
島を横断して、立石港の反対側にいってみます。

愛媛県・生名島に行ってみた(前編)はこちら

島全体的に、ベッドタウンのような印象を受けました。


団地もあちこちにある。


小さな商店は見かけます。


こちらのお店では・・・


野菜のワゴンセール♡


大きなスーパーなどは見当たりませんが
ところどころに小さな商店があります。


スーパー発見!


気になるお弁当屋さん。。。


生名島では、「スポーツ合宿村構想」というのがあったらしく、
スポーツ施設やレクレーション施設などの
公共のの大型施設がたくさんあります。

体育館やグラウンド、テニスコート。。。

また、合宿所などにも使える
大型のスポレク施設もあるのです。


グラウンド



ナイターもできるんですね


プールなどもあって、さながら公共のスポーツクラブのようですね。




なんと、レースサーキットもありました!




車エビの養殖場がありました。
こちらは、砂の洗浄などの飼育環境を整え、
抗生物質に頼らない養殖を行っているそうです!

日輪養魚有限会社



あっ!こちらでは、燻製教室をしているんですね!
楽しそう!!



上島町では「しまの大学」と称して町民講座がさかんに行われています。

昔から、野山の季節ごとの植物を、美味しく工夫して食べていた島の風習を
「摘み菜講座」として、みんなで学んでいるのです。
もう何年も前から行われており、「摘み菜」は上島町の名物にもなっています。

生名島の摘み菜名人をご紹介いただき、訪ねてみました。




坂の途中にあるお家の周りは、美しい植物に囲まれていました。
山でしか見かけないような葉っぱや、珍しい野菜も。

オカヒジキ、オカノリ、オカワカメ???

「これは茹でたらおいしいのよ。これはワカメのような味がするのよ」
初めて出会う珍しい野菜??
ところ狭しと植えられた多種多様な植物。
興味を持てば試してみるそうで、とにかく勉強熱心!!
どれも手入れが行き届いていて、生き生きと茂っています。

まるでベニシアさんのように、植物の気持ちがわかるような
「緑の指」を持つ方でした!!

カラカラとよく笑い、てきぱきと動きまわる快活さ!!




年末にはしめ縄作りのワークショップもするそうです!


突然の訪問であるにも関わらず、快くもてなしていただき、
本当にありがとうございました! 


ああ、島のあたたかさよ!






「あるもの」を楽しみ、情熱を注ぎながら、
充実した毎日を送られていてる、

いろいろな試みに挑戦する、粋な生名島の方々!
素敵な島だなあ♡♡♡



アクセス

●因島・土生港(長崎桟橋)から立石港 
 1日60便
 (所要時間 5分  料金 70円)

時刻表・料金表 生名フェリー

●三原港から立石港
 1日5便
  (所要時間 約40分  料金 大人 1500円)

時刻表・料金表 土生商船航路 

●今治から生名港
 1日7便
 (所要時間 65分  料金 大人 1730円)

時刻表・料金表 芸予汽船


written byおかちゃん