かもめーず

愛媛県・釣島に行ってきた!まるで釣り堀!?そしてみかん長者の島!

2018.05.15

釣島(つるしま)

松山市沖にある忽那諸島の七つ島の中で、最も小さな島、釣島。


松山市沖2キロに横たわる興居島の裏側1.1キロに位置する
ひょっこりひょうたん島の様な、愛らしい形をした島です。

「釣島」の名前の通り、釣り人の間では好漁場として有名です。



釣島に行くには
一日一往復の西回り線の中島汽船のフェリーに乗っていくしかありません。

忽那諸島のほかの島は高速船でも行くことができますが、
高速船は、釣島には寄港しないのです。


宿泊施設もないので、
朝の便で行って、夕方帰ることになります。

釣りをするにはちょうどいい時間ですね。

さあ、出発でーす!

三津浜港から船に乗ります。
中島汽船の窓口(乗船券の販売は出航の30分前から)で切符を買って、
フェリーに乗り込みます。



中島の5つの島を経由する西線の船。


釣島は最初に寄港する島ですが、
三津浜港からは40分かかります。(R2航路の変更により、三津から20分になりました。)



下船を待つ釣り人たち!!!




釣り人たちはポイントに急ぎます。





すごい、まるで、釣り堀だ。。。


船の待合所



船の待合室と、島の案内看板。
フムフム、集落があるところのほかは、ほぼみかん山のように見えます。


島の人口は約30人。
お店はないので、
島で過ごすにはお昼ごはん必須!


ちゃんと動いております。


こちらの酒屋さんは営業していないみたい。。。


自動販売機はありましたよ。


しまのあちこちで・・・




港はちょうど時期のヒジキと天草が乾燥中。


こちらにも天草とヒジキ


採りたての天草はこんな色なんですねーー。


そして、島を歩くと、

ヒジキ、天草、そして新玉ねぎも乾燥中。




道路を占拠する天草



あ、こちらではワカメ。。。



まるで、島中が、加工場のようです。


今は使われていない興居島小学校の釣島分校。
H24より休校しているそうです。
今は就学児がいる家庭は、松山市内や、興居島に引っ越しているそうで、
子供のいない島は、ちょっぴりさみしい。




とはいえ、興居島に至っては目と鼻の先。
自家用船で数分の距離を行ったり来たりの生活圏内。
お休みの日には、すぐに遊びに来れる「近所」といえばそうなのです!


灯台を見に行きます!

島の人からは「灯台見に来たんか?」と声を掛けられます。
島の来訪者は、釣り客か、灯台見物かのどちらか、というお客さんが多いのでしょう。

というわけで、
愛媛で最も古い、登録有形文化財の釣島灯台を目指し、
ひょうたん島のような島の山の坂道を上がっていきます。


てっぺんに灯台。その中腹には・・・


途中にあるのは海水を淡水化する施設。




海水を淡水に変える施設です。
井戸のない釣島では、この施設ができる平成14年までは、船で島に水を運んでいたそうです。


じゃーーん、到着!


さらに登ると灯台に到着です。
明治6年、英国人技師リチャード・ブラント設計の
かわいい石造りの洋式建築。旧官舎も素敵。


なんてかわいい!


煙突があるの!


ここからの眺めも最高!



今も現役の灯台として活躍中なんです!


興居島と睦月島の間の釣島水道と呼ばれる海峡は、
交通の要所として、明治の早くに灯台が作られたのですね。
松山市指定文化財で、年に3回、内部も公開されているようです。


島をお散歩♪



島全体が、みかん、玉ねぎの畑。
石垣があるきれいに手入れされた段々畑です。




島の周りはぐるりと磯に囲まれていて



護岸にはタコつぼの山。




シーグラスならぬ、シータコつぼなのか??
護岸には、大量の、タコつぼのかけららしき、海に洗われた赤い陶器のかけら。



ワカメを薪で炊いている現場に遭遇です!!!

収穫したての黒々としたワカメ。
茹でたて、美味しそう~~!!




島の農家さんが、声をかけてくださいました。

海の恵みもさることながら、
島の主要産業は何といっても柑橘業。
季節ごとのさまざまな種類の柑橘を作っていて
釣島の島全体がみかん山!
そして、近年は興居島の耕作放棄地を購入して、
釣島と興居島を行ったり来たりしながら、事業を拡げる農家さんもいるようです。

小さな島だけど、みんなしっかり働いてしっかり稼いでいるんだ!と。



すごいなあ~!!
港も前のJAも堂々とした構えの大きな倉庫!
冬にはここから、たくさんのみかんが出荷されるのでしょう。


小さな島だけど、メチャクチャパワフルな島だな~!



小さな島だけど、
海の恵み、畑の恵み、存分に働いて生きる元気な人々!!
活気あふれる島の豊かさを感じる島でした!


アクセス

●伊予鉄高浜線「三津駅」より徒歩15分
三津浜港より

フェリー 中島汽船 西線 
三津浜港フェリー釣島港40分大人510円 小人260円
日帰り可能な便は1日1便です。

中島汽船HP


愛媛県観光サイト

釣島灯台(松山市HP)


written by おかちゃん