かもめーず

山口県・牛島に行ってみた!圧巻!石垣の波止に萌える!その①

2019.06.19


牛島(うしま)

光市室積港から南東に8.4㎞にあるV字の形をした島。
島はほとんどが岸壁に囲まれていて、
Vのくぼみのわずかな平地に集落や港があります。


平安時代には京都加茂神社の御厨として、牛の放牧がおこなわれていたそうです。
昔、悪事を繰り返し、島民を困らせていた牛鬼を、やっとの思いで退治をした、
という、牛鬼伝説が残っています。

JR光駅からバスに乗って室積に向かいます。

室積は、古い港町として古民家や、昔ながらのお店があちこちあって、
船を待ちながら、ぶらぶら歩いても楽しい街でした。



島に渡る室積港の正面に、牛島八幡宮があります。
牛島の鎮守神だそうです。



牛島八幡宮の向かいには、古民家を改装したおしゃれカフェ
「室積シェアキッチン」



室積シェアキッチンの向こうに室積港があります。



港のそばに漁協があって、海を目の前に市場もありました。
お魚が新鮮でおいしい町なんだろうなあ。



一日3便の船に乗りこみます。


待合所


船内に貼ってあった貼り紙
塩バーガーってなんだ???



人口40人の小さな離島に向かうのに、
なんだろう?!このワクワク感☆☆☆



島に到着。





港に届いた生協の荷物を取りに集まった島の人々。。。
台車に荷物を積んで、散り散りと帰ってゆかれました。



モクゲンジの群生地とか、
県内最大級のタブの木があるとか、
ヒメボタルや、国の天然記念物のカラスヤマバトが生息しているとか、




とにかくいろいろすごそうなのですが、
感動するのは港!!



立派な雁木も珍しいのですが、



石積みの波止がたくさん残っています。
石を積んで作られた小さな入り江がいくつもあるのです!


見事というか、壮観というか。。。



それもそのはず、

土木学会の「選奨土木遺産」、
水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産100選」
国土交通省「島の宝100景」

に選ばれています。



昔から漁業が盛んで、住民のほとんどは漁業従事者という牛島。
これらの波止は、漁師が家の前に作った、いわば個人の波止!!


「藤田の波止」は藤田さんの波止、
「西﨑の波止」は西﨑さんの波止、という具合。

昔はこんな波止が、14もあったらしいのです!!
牛島独特の文化ですね。興奮します!

かつては、中国、朝鮮のあたりまで漁に行っていたという
漁業で栄えていた島の姿を想像しました。

集落探訪~♪




平地が少ない牛島では、
坂を上り下りしながら、縦横無尽に小さな路地
まるで迷路のような集落です。





集落のてっぺんにある教念寺からは、はるか向こうに室積の町が見渡せました。



井戸もたくさん見られます。
簡易水道が整備されたのは平成10年になってからなんだそうです。



水不足に悩まされてきた牛島では、
井戸も大切に使われてきたんですね。


散策はまだまだ続く
その2

アクセス

●山口県光市
室津港より牛島海運「うしま丸」
一日3便
(所要時間 20分 料金 大人 500円)

時刻表・料金表


written by おかちゃん