かもめーず

山口県・八島に行ってみた!

2019.11.11

八島(やしま)

上関港から南へ12キロの沖合にポツンと浮かぶ八島は
山口県の最南端に位置し、
南北に長く、二つの島がくっついたように見えます。


北側にもかつては集落があったようですが、
今は八島港周辺に集中しています。


八島行きの船は、上関港、室津港から一日3便出ています。


上関港、室津港へ車でも行くこともできますが、
(バスも1時間に1本(所要時間1時間程度)出ています)
今回は、柳井港から、祝島行きの船で室津港に渡ることにしました。


柳井港


祝島行きの乗船桟橋


室津港と上関港は上関海峡を挟んで向かい合っています。
上関港のある長島と、現在は橋でつながれています。
このあたり、昭和49年のNHKドラマ「鳩子の海」の舞台になった所だそうです。


室津港から上関が見えました。


室津港


室津港には道の駅・上関海峡があり、
「鳩子の温泉」や木造4階建ての洋館・四階楼などがあり、
日曜には朝市も開かれています。


四階楼


道の駅・上関海峡


船の待合所
小さな待合所ですが、
割とひっきりなしに人が出入りしています。


海の上の待合所


船に乗って八島に出発。
上関大橋をくぐって、外海に乗り出します。
案の定、海は荒れていて、船は大揺れ。。。



30分の航海の末、八島に到着。
写真ではわからないのですが、メッチャ風強い。。。


八島港



船の待合所&切符売り場はきれいに整備されてます。



中もゆっくり休めます


島散策~♪


島を歩くと


神舞の絵


巨人の星??


海の生き物シリーズ??


これらの絵は、島の区長さんが、島が少しでも賑やかになったらと、描いたもの。

動物シリーズ




こちらはJAの建物


島中のあちこちに飾られていて、
歩いていて楽しいです(^^)



ルパン三世


なんのキャラやろう??


建築会社の保養所のような建物にも動物の絵。
ちなみに一般の宿泊施設はありません。




集落のところどころに水路があり、
石垣に扉???




島で唯一のお店です!!
日用品がそろっていて、島の暮らしを支えています。




小さな島の挑戦!


集落中央に、ふれあいセンターと診療所、
お向かいには郵便局もあります。





人口20人の島に、これだけの施設が整っているのは珍しい。。。
郵便局も職員さんが常駐されているし。
(島外の方が、平日は島に宿泊しながら通われているそうです)



島の歴史は古く、弥生式土器が出土していたり、平家伝説も残っております。
かつては牛の放牧が盛んだったようですが、今は牛はいないそうです。

島は好漁場に恵まれていて、主要産業は漁業です。


たこつぼ


とはいっても、人口のほとんどは既に高齢者。
「超高齢化」がすすむ八島に、上関町で初の地域おこし協力隊が赴任し、
退任後もこの島に定住しているそうです。



八島ふれあい祭りなどの、島おこしイベントもされているようですね。
八島ドルってなんだろう!?(笑)



退任後は、ヒジキの収穫や、
草刈りなどの島民のお困りことのお手伝いをされているそうです。
そのせいか、島中、掃除や草刈りが行き届いているように感じました。


超高齢化対策の試金石?
80歳を超えても島で安心して暮らすことの小さな試みのようですね。




お寺を目指して坂を上がると、
美しい石垣や井戸がある小径。



こんなのも登場しますが(笑)

てくてく歩くのが楽しい島です。





坂の上から集落を見下ろすと、深い深い青い海。


これからの若者の活躍、なんだか楽しみです。






アクセス


●八島~上関航路 「かみのせき丸」(1日⒊便)
 上関港~(5分)~室津港~(30分)~八島港
 (料金 大人 上関600円 室津590円 )

 料金・時刻表
 上関町役場 産業観光課 商工観光係  電話 0820-62-0360  FAX 0820-62-1528

●上関、室津へのアクセス

 柳井港から 柳井~祝島航路で、室津 or 上関で途中下船
 料金・時刻表

 柳井駅から 防長バス「上関行き」で、室津(「道の駅 上関海峡」停留所) or 上関(「渡船場前」停留所)で下車
 


written by おかちゃん