SERVICES

リアルタイム気象ライブソリューション/KAZAMIDORI

TERMS OF SERVICE

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社かもめやが提供するサービス「KAZAMIDORI」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する権利義務を定めるものです。

第1条(本サービスについて)

  1. 本サービスは、アプリにより、当社が設置した基地局が取得する温度、風速、風向その他の気象情報を表示する機能を有します。またユーザは、自らが当社から借り受けた基地局に係るこれらの情報をアプリにおいて表示させることができます。
  2. 当社は、本サービスに、無償版と、一又は複数の有償版(以下「課金版」といいます。)を設けることがあり、それぞれの機能は、当社が随時、別に定めるところによるものとします。当社は随時、ユーザに対して何らの責任を負わず、これらの機能を変更又は廃止することがあります。

第2条(適用範囲等)

  1. 本規約は、本サービスの利用に関して、すべてのユーザに適用されるものとします。
  2. ユーザは、本規約の定め及び法令に従い、本サービスを利用するものとします。
  3. ユーザは、本サービスを実際に利用することによって、本規約に有効かつ取消し不能な同意をしたものとみなされます。
  4. 当社が、本サービスに関するルール等(前条第2項の定めを含みます。)を別途定めてユーザに通知した場合には、当該ルール等は本規約の一部を構成するものとし、ユーザはこれを遵守するものとします。

第3条(定義)

本規約において、次に掲げる語は、それぞれ次に掲げる意義を有するものとします。

アカウントユーザが本サービスを利用するための資格又は権利をいいます。
アプリユーザが本サービスを利用するため当社が提供するスマートフォンアプリをいいます。
知的財産権知的財産基本法(平成14年法律第122号)に定義される知的財産権をいいます。
パスワードユーザIDと組み合わせて、ユーザとその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。
ユーザ当社に対し、本サービスの利用を申し込み、当社がこれを承諾した者をいいます。
ユーザIDパスワードと組み合わせて、ユーザとその他の者とを識別するために用いられる符号をいい、本サービスにおいてはユーザが指定したユーザのメールアドレスをユーザIDとします。

第4条(ユーザの申請等)

  1. ユーザとなることを希望する方(以下「申込者」といいます。)は、本規約に同意し、アプリにより本サービスの利用を申請して下さい。
  2. 未成年者が本サービスのユーザとなる場合には、法定代理人の同意を得て下さい。
  3. 本サービスの利用に係る契約は、当社が申込者に対し、当該申込者がユーザとなることを承認する旨の通知を発したときに、本規約に基づき成立するものとします。
  4. ユーザは、本サービスを利用するにあたり、当社の定める要件を満たすスマートフォンその他のデバイス、通信機器、オペレーションシステム、通信手段及び電力等をユーザの費用と責任で用意するものとします。

第5条(ユーザID及びパスワード等の管理)

  1. 各ユーザは自らの責任においてユーザID及びパスワードを管理しなければならず、パスワードを第三者に開示し、又は第三者に利用させ、若しくは貸与し、譲渡し、その他処分をしてはなりません。
  2. 当社は、本サービスにおいて使用されたユーザID及びパスワードが特定のユーザのユーザID及びパスワードに一致する場合には、当該ユーザが本サービスを利用したものとみなします。
  3. ユーザは、ユーザID及びパスワードが盗用され、又は第三者に使用されている場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社の指示に従うものとします。
  4. ユーザによるユーザID又はパスワードの管理の不備等により生じた損害について、当社は一切の責めを負いません。
  5. ユーザIDの変更はできません。ユーザIDとして使用しているメールアドレスを変更する場合、第9条第1項により退会のうえ、再度第4条第1項により本サービスの利用を申請して下さい。

第6条(禁止行為)

ユーザは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をし、又は第三者にさせてはならないものとします。

  • 犯罪行為、法令に違反する行為又は反社会的行為
  • 当社又は第三者の知的財産権又はプライバシーその他の権利を侵害する行為
  • 本サービスの変更、修正、又は逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングその他本サービスのソースコードを解析する行為
  • システム等に不正にアクセスする行為
  • 当社又は第三者のネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
  • 当社又は他のユーザその他の第三者になりすます行為
  • 当社による本サービス又は他の業務の運営を妨げる行為
  • 他のユーザその他の第三者に迷惑をかける行為
  • 本規約又は本サービスの趣旨又は目的に反する行為
  • 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、容易にし、勧誘し、又は助長する行為
  • その他、当社が不適切と判断する行為

第7条(正確な情報の提供)

ユーザは、当社に対し情報を提供する場合には、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。当社は、ユーザが提供した情報を前提として、本サービスを提供します。ユーザが提供した情報に虚偽、誤り又は不足等があったことによりユーザに生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

第8条(課金版の使用料)

  1. ユーザが課金版を利用する場合、ユーザは当社に対し、本サービスの使用料として、当社が別途定める金額を支払うものとします。
  2. 使用料の支払は、当社が別途定めるところにより、当社の指定する決済代行会社又は決済システムを通じて行うものとします。

第9条(退会等)

  1. ユーザは、いつでも本サービスを退会することができます。退会を希望するユーザは電子メールで当社(info@kamomeya-inc.com)にご連絡ください。
  2. ユーザの本サービスにおける全ての利用権は、理由の如何を問わず、退会時に消滅します。ユーザが誤って退会した場合でも、アカウントやデータの復旧等を行うことはできません。

第10条(規約違反等)

  1. 当社は、ユーザが本規約に違反し、若しくは違反するおそれがあると当社が判断した場合、又は第24条第1項若しくは第2項の表明若しくは確約に違反した場合には、当社の裁量で、何らの通知または催告をすることなく、当該ユーザによる本サービスの利用を一時停止若しくは制限し、アカウントを制限若しくは削除し、又は当該ユーザを本サービスから退会させることができるものとします。この場合、当社は損害賠償の責めを負いません。
  2. ユーザが死亡し、若しくは後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合、ユーザが当社からの連絡に対し30日以上応答しない場合又はユーザが1年以上本サービスを利用していない場合も前項と同様とします。

第11条(本サービスの変更等)

  1. 当社は、ユーザに事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
  2. 当社は、当社の判断により、適切な方法によりユーザに通知して、本サービスの全部又は一部の提供・運営を終了することができるものとします。ただし、緊急の場合は、当社はユーザへの通知を行わないことができるものとします。これらの場合、当社はユーザに対し損害賠償の責めを負いません。
  3. メンテナンスの必要、システムへの負荷の集中等が生じた場合、不可抗力若しくは法令等により本サービスの提供ができない場合、その他やむを得ない事情があると当社が判断した場合には、当社は、ユーザに事前に通知することなく、本サービスの一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。この場合、当社はユーザに対し損害賠償の責めを負いません。

第12条(知的財産権等)

  1. 本サービスに関連する一切の知的財産権は、当社にのみ帰属します。本規約に明示的に定める場合を除き、ユーザは知的財産権について何らの権利を有し、付与され、又はその使用等を許諾されません。
  2. ユーザは、当社の許諾を得ることなく、当社が提供する情報等の翻案、編集、改変等を行い、又はこれを第三者に使用させ、若しくは公開してはなりません。

第13条(ユーザに関する情報等)

  1. ユーザに関する個人情報の取扱い等については、当社が別途定めるプライバシーポリシーによるものとします。
  2. 当社は、ユーザが本サービスの利用に当たり当社に提供した情報及びデータ等を、法令の許容する範囲内において、当社の裁量により、本サービス等の提供及び運用、サービス内容の改良及び向上等の目的のために利用し、また個人又は団体を特定することができない一般的な知見として公開することができるものとし、ユーザはこれに同意するものとします。

第14条(損害賠償等)

  1. ユーザは、本規約の違反により、又は本サービスに関連して当社に損害を与えた場合には、当社に対してその損害(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. 本規約又は本サービスに関しユーザが当社に対して負担する金銭債務の弁済を怠った場合には、ユーザは当社に対し、支払期日の翌日から完済の日まで年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第15条(責任の制限)

  1. 当社は、本サービスを現状有姿で提供するものであり、本サービスの完全性、目的適合性その他について一切の保証を行わず、また本サービスに何らかの瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みます。)があった場合でも、当社は何らの責任を負わないものとします。
  2. 前各項のほか、当社は、本サービスに関連してユーザに損害が生じた場合であっても、これを賠償する責任を負いません。
  3. 前項の規定が、消費者契約法その他の法令により無効とされた場合であっても、当社が負う損害賠償責任の額は、累計で、当該損害が発生したときまでにユーザが当社に支払った本サービスの使用料の総額を上限とします。

第16条(了解事項)

本サービスの利用に当たり、ユーザは、以下の事項を了解するものとし、当社はこれらの事項についてユーザに対し何らの責任を負わないものとします。

  • 基地局による気象観測の正確性は限定的なものであり、本サービスは、趣味、危険でないレジャー、ホビー等のため気象データを得る場合のみを目的としていること。
  • ユーザは、基地局による気象観測が正確でなかった場合においてユーザ又は第三者の生命、身体又は財産に損害が生じる可能性がある場合には、本サービスを利用してはならないこと。
  • 基地局による気象観測は、その成果を不特定多数の者に対して公表するものでないこと。
  • 原則として、基地局は気象業務法に基づく気象機器の検定を受けておらず、また同法に基づく届出を行っていないこと。
  • 基地局又は通信設備、通信回線等が故障し、その他これらに不具合が生じた場合には、ユーザが気象データを表示することができない場合があること。

第17条(再委託)

当社は、本サービスに係る業務の全部又は一部を、当社の責任において第三者に委託することができるものとします。

第18条(利用に当たってのユーザの責任)

  1. 利用者は自己の責任を判断で本サービスを利用するものとし、当社はユーザによる本サービスの利用を管理し、監視し、又は監督する責任を負いません。
  2. 本サービスの利用についてユーザと第三者(他のユーザを含みます。)との間に生じた紛争又は責任について、当社は一切の責任を負いません。

第19条(期間)

本サービスの利用に係る契約は、第4条第3項に基づき当該契約が成立した日からその効力を生じ、当該ユーザが本サービスを退会した日又は当該ユーザのアカウントが削除された日のいずれか早い日までの間、当社と当該ユーザとの間でその効力を有するものとします。

第20条(本規約の改訂)

当社は、当社の裁量により、いつでも本規約の内容を改訂することができるものとします。当社は、本規約を改訂した場合にはユーザに通知するものとします。当該通知後、ユーザが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に退会の手続をとらなかった場合には、ユーザは、当該通知がなされた時点で当該改訂に同意したものとみなします。

第21条(通知)

当社からユーザへの連絡は、アプリ内の適宜の場所への掲示、電子メール送信、プッシュ通知その他当社が適当と判断する方法により行います。

第22条(譲渡)

  1. ユーザは、当社の事前の書面による同意なくして、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務(以下「本規約上の地位等」といいます。)の全部又は一部を譲渡してはならないものとします。
  2. 当社が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合には、当社はユーザの同意なくして、本規約上の地位等及びユーザから提供された情報等を当該第三者に承継させることができるものとします。

第23条(機密保持)

ユーザは、当社による事前の書面による同意なくして、本規約又は本サービスに関連して得た公開されていない情報を第三者に開示してはならないものとします。

第24条(反社会的勢力の排除)

  1. ユーザは、当社に対し、自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、併せて「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ本サービスの利用に係る契約の有効期間中、これらに該当しないことを確約するものとします。
    • 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    • 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. ユーザは、当社に対し、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれに該当する行為も行わないことを確約するものとします。
    • 暴力的な要求行為
    • 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    • 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
    • その他前各号に準ずる行為

第25条(見出し)

本規約における見出しは参照の便宜のためにのみ付されており、本規約の解釈に影響を及ぼさないものとします。

第26条(準拠法及び管轄)

本規約及び本サービスの利用に関する法律関係は日本法に準拠するものとし、本規約又は本サービスに関連して生じる一切の紛争については、高松地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第27条(Apple, Inc.のOS・スマートデバイスを利用されているお客様のための補足条項)

この条項は、Apple, Inc.(以下「Apple」といいます。)の提供するOS・スマートデバイスで本サービスを利用する利用者のために、本規約の条項を補足し、本規約の条項に付属するものです。なお、以下の規定と本規約の規定内容が矛盾抵触する場合には、その限りにおいて、以下の規定が優先的に適用されるものとします。

  1. Appleは、以下のような場合を含め、利用者の本サービスの使用に関する利用者または第三者のいかなる訴えに対しても責任を負いません。
    • 製造物責任法違反の訴え
    • 本サービスが利用者の期待や法律または規則上の要求に合致しない旨の訴え
    • 消費者保護法等の法律に基づく訴え
    • 本サービスまたは利用者による本サービスの使用が利用者または第三者の知的財産権を侵害する旨の利用者または第三者からの訴え
  2. 当社は、利用者が、iTunes Storeサービス利用規約の使用規則に定めるところにより、利用者の個人的、非営利目的で本サービスをダウンロードし使用する利用者のみに限定をした非独占的かつ譲渡不可の、使用権を利用者に許諾し、利用者はこれを取得します。
  3. 利用者は、Appleが本サービスに関するメンテナンスやサポートのサービスを提供する義務がないことを承諾します。
  4. 本サービスによって何らかの損害が発生した場合、Appleが提供できるのは利用料の返還のみであり、Appleは法律上認められる限りあらゆる損害賠償義務を負いません。
  5. 本サービス又は利用者による本サービスの利用に関し以下の事情が発生した場合、第三者及び利用者による連絡または請求等は当社に対して行い、当社のみがこれらの調査、防御、解決等に責任を負うものとし、Appleに対しては何らの連絡または請求をしないものとします。
    • 製造物責任法、消費者契約法、その他の法令違反等が認められる場合
    • 第三者の知的財産権を侵害していることが認められる場合
  6. 利用者は、アメリカ政府の禁輸措置の対象国、または、アメリカ政府によりテロ支援国家に指定されている国に居住していないこと、また、利用者がいかなるアメリカ政府の禁止または制限リストにも掲載されていないことを表明し、保証するものとします。
  7. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、関連する第三者(通信事業者等)との契約で定められている利用規約等についても遵守するものとします。
  8. 利用者は、Apple及びAppleの子会社が本規約の第三受益者であること、また、利用者が本規約の条項を承諾するこ
  9. とにより、Appleが第三受益者として利用者に本規約を強制する権利を有すること、また同権利を承諾したとみなされることにつき同意するものとします。
  10. 本サービスに関する問い合わせ窓口は以下のとおりです。

    〒761-0301香川県高松市林町2217番地44ネクスト香川
    株式会社かもめや
    info@kamomeya-inc.com

    制定:2018年6月1日

かもめやについてABOUT

お問い合わせCONTACT